お口のケアは常識です。綺麗な歯になって第一印象をプラスに

ライフスタイルに

矯正歯科治療の多様性

歯が綺麗なことは美人の必要条件と言えるのです。そのことは日本に昔からある明眸皓歯と言う言葉が顕著に表しているのです。明眸皓歯とは美人を例えることばであり、美人であるためには歯が美しくなければいけないのです。しかし日本人女性の中には歯並びが悪くコンプレックスを抱えている人も多いものです。幼いころに指を吸うことを止めさせる両親が少なく、そのことで前歯が出っ歯になってしまう人も多いのです。しかし現代は矯正歯科治療といって歯並びを治療する方法が確立されているのです。矯正歯科治療は歯の表面にワイヤーやブラケットなどの装置をつける治療法を基本に、その他にも様々な治療法が提案されており、その人の好みやライフスタイル、職業などにあわせて治療法も選択できるようになっているのです。

競合する治療法について

マウスピース矯正、裏側矯正などは最近特に人気のある治療法と言えるのです。こうしたマウスピース矯正や裏側矯正は人から矯正治療していることが悟られず、今までとかわらない生活をすることができるのです。しかしその技術は非常に高度なもので、治療費も従来の治療法よりも少し割高になり、治療期間も延びる傾向にあるのです。またこうした矯正歯科治療に競合するような形で部分矯正治療やインプラントと言うものも存在するのです。部分矯正は短時間でコンプレックスのある歯並びを矯正することが可能です。しかし歯並び全体を噛み合わせから見直し綺麗に矯正歯科治療するわけではないので、本格的な歯科治療とは言えません。しかし手軽で短時間で費用が安いので部分矯正をする人も多く、矯正歯科治療の競合と捉えることができるでしょう。